テレビ番組の紹介

ここでは、医療関連や終末期に関連する番組を紹介いたします。

医療・人生に関するテレビ番組を掲載します。番組は様々な立ち位置から作られています。番組の主旨を含め、上手にご利用ください。

きょうの健康 1,300万人の慢性腎臓病 ①「いつの間にか あなたも!」 ②「早期発見と治療の秘けつ」 ③「透析と腎臓移植」 ④「実践!腎臓を守る運動」

  • 【日時】2019/ ①7/15 ②7/16 ③7/17 ④7/18 20:30〜20:45
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】

    ①腎臓は尿を作り体内の老廃物や余分な水分・塩分を体の外に排出している。この働きが徐々に低下するのが慢性腎臓病。患者は1300万人以上(推計)。最初は自覚症状が現れないため気づきにくい。しかし最後まで進行すると透析などが必要。それ以前から脳卒中、心不全、心筋梗塞のリスクも高まるのだ!発見するにはどのようにすればよいのか?さらに慢性腎臓病と腸内細菌に深い関係があることも分かってきた。

    ②透析を開始する重大な原因となるのが実は糖尿病。糖尿病は全身の血管を傷つけるが、腎臓は“血管のかたまり”のような臓器であるためダメージを受けやすい。特に糸球体という組織が早期から壊れていく。そのため糖尿病による慢性腎臓病は他の慢性腎臓病と違い、特定健診のたんぱく尿とクレアチニン値だけでは早期発見が難しい。では、糖尿病の場合にはどのような検査がすすめられるのか?第一線の専門家が詳しく解説。

    ③慢性腎臓病の透析療法を詳しく解説。大半は血液透析という方法で週3回ほど通院しベッドで過ごす。それ以外に、お腹の中に自分で透析液を出し入れする腹膜透析という方法もある。自宅や外出先で作業でき透析しながら日常生活を送れる。ある患者は「会社の仕事が継続できてありがたい。こんな方法があるとは知らなかった」と話す。腎臓移植は透析に代わる治療法。多くの場合、腎臓の働きは健康な人と変わらないほど回復する。

    ④慢性腎臓病ではどのような運動がよいのか?第一線の医師が徹底解説!慢性腎臓病では運動で腎臓の働きが改善したという報告も。実は透析をしている人でもベッドでできる運動もあるのだ。ベッドに寝ながらペダルをこぐ有酸素運動、ゴムバンドを使ったレジスタンス運動などを実演する。ほかにもウォーキングなどの有酸素運動や筋力をつけるスクワットと片足立ちの運動など、慢性腎臓病の人にあった運動をスタジオで実演する。
  • http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/

チョイス@病気になったとき アンコール「食道がん治療 最新情報」

  • 【日時】2019/07/20 20:00〜20:45
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】患者が年々増加している食道がん。主な原因は飲酒と喫煙だが、逆流性食道炎が引き金になることもある。がんが粘膜内にとどまっている場合なら内視鏡を使って切除することができるが、進行した場合は、食道の大部分を摘出し、胃の上部を細くして首のほうまでつり上げる手術が検討される。大掛かりな手術をしなくても、胸くう鏡を使った負担の少ない手術で済むことも多くなってきた。食道がんの予防と治療のチョイスを詳しく伝える。
  • http://www.nhk.or.jp/

ETV特集「親亡きあと 我が子は…~知的・精神障害者 家族の願い~」

  • 【日時】2019/07/20 23:00〜24:00
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】「私たちがいなくなったら、この子はどうなるの…。」親亡きあとを心配する、数多くの障害者と家族。どうすれば安心して親がこの世を去ることできるのか、そして重い障害のある人が地域で自立して生きていくためには、何が必要なのか。番組では、さまざまな状況にある障害者と家族の日々に密着。息子のために自ら動き始めた両親、社会に実状を訴え続ける母親…。我が子には地域で幸せに生きてほしいと願う、家族の物語。
  • http://www.nhk.or.jp/