テレビ番組の紹介

ここでは、医療関連や終末期に関連する番組を紹介いたします。

医療・人生に関するテレビ番組を掲載します。番組は様々な立ち位置から作られています。番組の主旨を含め、上手にご利用ください。

きょうの健康 サインを見逃すな!脳梗塞対策 ①「心臓が原因!?」 ②「最新!これが治療法」 ③「脳梗塞の一歩手前!?」 ④「リハビリが脳を変える!」

  • 【日時】2018/ ①09/24 ②09/25 ③09/26 ④09/27 20:30~20:45
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】

    ①今週は脳梗塞の徹底対策!最新の治療法やリハビリ。見逃してはならない「脳梗塞のサイン」など脳梗塞から身を守るための知恵を徹底してお伝えする。一日目は心臓のトラブルが原因で起こる特に危険な脳梗塞!実は心臓にある病気があると巨大な血の塊が出来ることがあり、その塊が脳の血管に詰まると広い範囲の脳がダメージを負ってしまうのだ!一体どんな病気が原因なの?身近に潜むというその病気、簡単なチェック法もご紹介!

    ②2日目は脳梗塞の最新治療。脳に詰まった血の塊を溶かすことで脳を壊死から守る治療薬「t−PA」。実は最近、この「t−PA」に別の治療法を組み合わせることで、さらに回復率が高まることが分かってきた!このほか、睡眠中に起こる怖い脳梗塞の最新研究もご紹介する。

    ③3日目は脳梗塞のサイン!脳の血管が詰まり、脳組織が壊死していく脳梗塞。一刻も早くサインに気付き、治療を受けることがなによりも大切。実はこのサイン、発症する前から知らず知らず現れていることが!これを知れば、脳梗塞が起きる前に治療を受けることも可能!?

    ④4日目は脳梗塞をはじめとした脳卒中のリハビリ。リハビリの効果を高めるために行っている工夫とは?実際の現場にカメラが入り、詳細に伝える。発症後なるべく早期にリハビリを始めることで、手足のまひなどの後遺症を軽くすることが可能。実は、この時期のリハビリに「ある工夫」を加えることで、その後の回復力が劇的にアップすることが分かってきた!リハビリ効果を高める秘密に迫る。
  • http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/

ハートネットTV リハビリ・介護を生きる 「二重奏で愛の調べを」

  • 【日時】2018/09/27 20:00〜20:30
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】5年前に若年性認知症と診断された三川泰子さん(63)は長年ピアノを教え、演奏家としても活動してきた。しかし脳の萎縮で形の認識が難しくなって、楽譜が読めなくなり、鍵盤と音が結びつかなくなった。一時は落ち込んでピアノにも触れなかったが、チェロ愛好家の夫・一夫さん(70)の励ましで練習を再開、今年も「注文をまちがえる料理店」で夫婦で共演する。曲は「アヴェ・マリア」、目標は「つかえながらも完奏したい」
  • http://www.nhk.or.jp/

チョイス@病気になったとき アンコール「悩み解消!肩の痛み」

  • 【日時】2018/09/29 20:00〜20:45
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】肩の痛みにはさまざまなタイプがある。肩の関節を包む関節包などが炎症を起こして痛み、腕を上げるのがつらくなる「五十肩」。肩周辺の筋肉が骨に付着する板状の部分「けん板」が傷ついたり切れたりする「けん板断裂」。肩関節の軟骨がすり減って骨が変形する「変形性肩関節症」。痛みがあるのに無理に動かすのは禁物。痛みを抑える薬、筋肉トレーニングやストレッチ、進行した場合に行う手術や人工関節、さらに予防の知識も紹介。
  • http://www.nhk.or.jp/

サイエンスZERO「不思議な図形で脳のナゾに迫る!」

  • 【日時】2018/09/30 23:30〜24:00
  • 【放送局】NHK教育
  • 【内容】描かれた物の大きさが違って見えたり、絵が動いて見えるなど、不思議な感覚をもたらす錯覚図形。この図形を人工知能に使うことで、脳の仕組みを解析しようという研究が進んでいる。直接、私たちの脳で調べられない脳の仕組みを、人工知能を通して理解しようという試みだ。動いて見える錯覚図形を人工知能に入力したところ、コンピューターもそれを動いているものと認識、錯覚を再現した。不思議な図形を使った最新の脳科学に迫る。
  • http://www.nhk.or.jp/