主な活動内容

  • 終末期医療の取組事例などに関する講演やフォーラム活動
  • セミナー、シンポジウムなど行事情報の発信、関連情報の配信活動
  • 終末期医療をテーマとした研究会活動
  • 意思表示を行なうための方法として『私の生き方連絡ノート』の提案

 終末期を始め、自分らしい「生き」「死に」を考えるときに役立つことを紹介していきます。

 当会独自の「意思表示カード」を作成し、いざというときに治療に反映できるように、普段から終末期について考え、自分の意思を近親者に知ってもらう方法を提案していきます。

 研究会・講演会などを通じて、自分らしい「生き」「死に」を考えるために役立つ機会を提供していきます。

代表者

代表:渡辺 敏恵(医師)

副代表:三浦 靖彦(医師)

会則 (平成24年4月1日現在)

自分らしい「生き」「死に」を考える会 会則(PDFで表示)